イギリス 生活ビュッフェ|2015年11月

全記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5星ホテル de 不思議の国のアリス ティーパーティー

2015.11.15 16:31| Tea Party
ヨーク市役所のすぐ近くにある5星ホテル
「Grand Hotel」にてアリスティーパーティーが開かれていたので
行ってきました。

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

ティールームへのエントランス
不思議な雰囲気をかもし出しています。

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

ここかな?って覗いていると、向こうから時計を持った白うさぎ登場

案内されて行くと、大きなティールームに
不思議の国のアリスらしい飾りつけ

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

スィーツの飾り方やキノコ型のチョコレート
傾いたムースなどなど
不思議の国のアリス世界観いっぱい

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

ここGrand Hotelのアフタヌーンティーはビュッフェスタイル
好きなサンドイッチ、スィーツを大きなテーブルまで取りに行き食べる
子供たちは大はしゃぎであります。

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

どんなものがあるのか、メニューが置かれています。

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

やっぱり一通り食べたい欲張りもの

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

ノランちゃんは3段ケーキスタンドで特別に運ばれてきました。
なぜなら、チョコレート、卵、チーズ嫌い
チョコレートを使ったお菓子が多いこのアフタヌーンティー
スタッフが気を使ってくれ スコーン、サンドイッチを追加で
持ってきてくれました。

お腹いっぱい!雰囲気にも満足しホテルから出てくると
リス発見!
なんか姿が白うさぎが時計持って 早く!
って言っている姿みたいで可愛らしかったのであります。

イギリス, 英国, ヨーク, York, アフタヌーンティー, アリスワンダーランド, 不思議の国のアリス

今回行ってきたアリスティーパーティー
Grand Hotel ★★★★★
Station Rise,
York,
North Yorkshire
YO1 6GD
スポンサーサイト

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

本場イタリア ジェラートを堪能

2015.11.13 16:09| イタリア
このイタリア旅行記もここで終了

この旅で堪能した本場イタリア ジェラート
どれもこれも美味しかったし、一緒に思い出も蘇ります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

イタリアに来て初めて口にしたジェラート
チョコレート、イチゴ

ふわぁっとしているのに濃厚
なんとも言えない美味しさ

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

Minoriからバスに乗れず歩いてたどり着いたAmalfi
ここで食べたジェラート
ピスタチオ、ベリー
ここのはワッフル付

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

カプリ島で食べたジェラート
レモン、キウイ

ここのキウイは非常に美味しく
ノランちゃんはおかわりしておりました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

ジェラートの魅力は何といっても種類の豊富さ
見てるだけで幸せになりますし、
いつもどれにしようと迷いに迷います

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

そしていつもチョコレート系な私

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

今回の旅では私なりにチョコレート以外も結構楽しみました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

ここでは、イチジク&キャラメル、イチゴ

今思ったのですが、2人とも好みがあるようです。
私:間違いなくチョコレート
ノランちゃん:イチゴなどのベリー系

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

南イタリアの旅で色々食べてきたジェラート
中でもここマテーラのジェラート屋さんで
ノランちゃんが頼んだ「ぶどう」
これはピカイチでした。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

ブドウの皮が入っていて凍らしたブドウをそのまま食べているような
フレッシュで酸味がきき爽やかな味でした。

ブドウ、ダークチョコレート

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, ジェラート

そしてイタリアを去る間際までジェラートを楽しみました。
ナポリ空港内で見つけたVenchiでジェラート

マンゴー、ダークチョコレート

ここもマテーラに続きピカイチジェラート
マンゴーもチョコレートも濃厚で非常に美味しかった。
はぁ、今からでもまた食べに行きたいのであります。

私たちが住んでいるイギリスの家からすぐにある
イタリア人が営んでいるレストランには
本場にまけないジェラートを食べることが出来ます。
種類も豊富ですし、味も美味しいです。
イタリアに行けないかわりに、ここのジェラートを食べて
思い出にふけりたいと思います。

長らくお付き合い頂きました。
これにてイタリア旅行記 終了いたします。

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

八角形のお城 Castel del Monte

2015.11.12 16:00| イタリア
英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, casa del monte

€1硬貨の裏面デザインになった
Castel del Monteというお城へ行ってきました。

車で向かっていくと
広大なブドウ、オリーブ畑にポツンと見え
まわりにはほとんどといっていいほど何もありませぬ。

13世紀に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって建築
このお城の特徴的なのは八角形を取り入れた設計で、
ユネスコの世界遺産に登録されています。

内装は色々な様式が混ざっているようで
ノランちゃんは英語、私は日本語のガイドブックを購入

ここで日本語のガイドブックが手に入るとは思ってもいなかったので
嬉しい発見でありました。

もう旅も終盤であります。
イギリス情報ではなく、イタリア旅行記になっておりますが
もうしばらくお付き合い下さいね

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

まるで童話の世界 アルベロベッロ

2015.11.10 16:43| イタリア
小さい頃 父が会社からもらってきたカレンダー
家族で見ていた「世界ふしぎ発見」
などで見て行ってみたい場所だった「アルベロベッロ」

ついに行くことが出来ました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

アルベロベッロといえば
白壁にとんがり型の石積み屋根を載せた独特な様式の建物

16世紀から17世紀にかけて
開拓のために集められた農民によって造られたもののようであります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

現在も人が住んでいる箇所があり、
広場ではマーケットが開かれていて
観光客、住居者で賑わっていました。

賑わっていた・・・というより混雑といった方がいいかな?
やっぱりすごい人でした。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

私はアルベロベッロにある可愛い笛など
ハンドメイドの陶器雑貨を販売している場所で
壁飾りを購入

ノランちゃんはハンドメイド革製品を扱うお店で
ベルトとお財布を購入

2人とも素敵な品をお持ち帰りしました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

日が傾き始めると
夕日に照らされた街並みが白色から黄金色になり
とっても綺麗でした。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

オリーブ農家deディナー

2015.11.10 16:30| イタリア
オリーブ農家で夕食をしたのですが
他の宿泊客はどこかへ食べに出かけて行ったようで
広いレストラン空間に私たちのみ

プライベート化したレストランで
自家製オリーブオイルのティスティングをさせてもらいました。
これがまた衝撃的な美味しさ。

大げさな表現ではありますが
本当に美味しく、オリーブオイルってこんなに美味しいものだったの!?
そんな感じです。

この旅でオリーブオイルを多種購入する目的もあったので
アマルフィでも色々買っていたのですが
ここのオリーブオイルは大人買いしてしまいました。

今後、この農家からオリーブオイルを取り寄せよう!
2人の意見は即一致であります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

オリーブとトマトのパスタ
ベーシックながら、幸せな味

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

ソーセージはちょっと調理時間が長いのか
少しジューシーさが欠けておりました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, アルベロベッロ

イギリスに戻ってきて 最近はサラダにオリーブオイルをかけて
毎日楽しんでおります。

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

不思議な景観 世界遺産都市 マテーラ

2015.11.08 16:12| イタリア
イタリアのバジリカータ州にある都市
マテーラ(Matera)へ行ってきました。

滞在しているオリーブ農家から車を走らせていると
マテーラに近づくにつれて ゴツゴツ岩が目立つように
なってきます。

おぉ いよいよ近づいて来たのかな?

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

ここマテーラはグラヴィーナ渓谷の斜面
石灰質の岩肌を掘って造られた「サッシ」という洞窟住居が
独特の景観を作っている場所で
ユネスコ世界遺産にも登録されているのであります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

ここマテーラの地に人が住み着いたのは
なんと!約7000年前と言われているようであります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

それから8世紀から13世紀にかけて
イスラム勢力の迫害を逃れたキリスト教徒の修道士たちが
この地に移り住むようになったようであります。

その後現在までずっと人々が洞窟住居で暮らしてきた訳ではなく
繁栄したのち、洞窟住居の土地が足りなくなり
小作農家など貧しい人達が家畜とともに洞窟内で生活し
衛星問題が発生。
1952年一斉退去を余儀なくされたようであります。

当時の小作農家が洞窟住居でどのように生活していたのか
当時の家具、道具などがそのまま展示されている場所があり
通気口は限られていて、狭い空間に家畜と一緒に寝て などなど
とても興味深かったです。

その後 廃墟化したマテーラに人々が戻ってくるようになり
今ではホテルやレストラン、カフェなどもあります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

そしてマテーラの都市は想像以上に広く
洞窟住居は約3000から4000あるようで
折り重なっている様子はまさに圧巻。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

また歩いていて 多くの教会に出会いました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

↓ここは 装飾にスカルが沢山使われています。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

教会内はどんな感じなんだろう?と思って
足を踏み入れると
それがまたとっても華やかで綺麗な装飾
驚きました。
(もう少しゴシックでダークな感じかな?と思ったもので・・)

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

でもやっぱり黒色の支柱装飾は初めて見ます。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

なかなか格好いい教会であります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

マテーラの街は地図片手に歩いても迷いそうなぐらい
入り混んだ小道がいっぱい

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

見どころもいっぱいで
夜は明かりが灯り 幻想的な景色を作り出すようです。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

今回は日帰りだったので
次回はマテーラで宿泊
これもよさそうだなぁと思うのであります。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家, Matera, マテラ

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

<アグリツーリズモ> オリーブ農家で滞在

2015.11.06 14:06| イタリア
夜8時に着き 辺り、建物は真っ暗だったので
朝起き 少しこの宿を散策

↓私たちの部屋
オリーブ色に統一されていてお洒落

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

オリーブの木の下でのんびり出来るスペース

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

中庭からオリーブ畑に抜ける扉

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

そろそろ朝食の時間であります。
朝食が用意されている部屋に行くと
デコレーションが素敵

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

朝日が気持ちよく のんびり ゆったり時間が流れておりました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, オリーブ農家

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

オリーブ畑が広がる村にある素敵なレストラン

2015.11.04 14:40| イタリア
大きな2重の虹をくぐり移動し
オリーブ農家が営む宿に着いたのは夜8時

受付らしい受付もなく
人の姿が見当たらず
建物は真っ暗

おや・・・・どうやって入るんだ?
このまま車の中で寝るのは避けたいので
入り口らしい所を探してウロウロしていると
たまたま部屋から出てきた宿泊者に遭遇

チェックインしたいけど、受付が見当たらない
と(たぶん)半泣きの私の顔を見て
大丈夫 大丈夫 一緒に行って探してあげるから と。
玄関らしいところへ行き ベルを鳴らしてしばらくすると
バルコニーから あらっいらっしゃい と。
一緒に探してくれた方にお礼をいい
女将さんに部屋を案内され ひとまず安心

ここでの夕食をあらかじめ予約していたので
どこで食べられるのか聞くと
どうやら今日はレストランお休み

むむぅ 
この建物の暗さから何となく予感はしていたのですがね。
と、近くにあるレストランを聞き行ってきました。

あたりはオリーブ畑のみ
来るときにな~んにもなかったので
あまり期待していなかったのですが、
想像以上に素敵なレストラン!

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

店内には、先ほど受付を一緒に探してくれた方も
仲間たちと一緒に食事をしており
笑顔であいさつ

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

パンと一緒に オリーブを揚げたもの?
これがホクホクとして 少し苦味もあり
初めて食べましたが美味しかったです。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン
チキンソテー ポテト付

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン
からすみのパスタ

あまりお腹が減っていなくデザートは断ると
じゃ小さなデザートを持ってきてあげると
プチケーキ3種をプレートにのせ持ってきてくれました。

移動で疲れておりましたが、
優しいスタッフの対応や
美味しい食事に、可愛らしい雰囲気のレストランで
すっかりテンションがあがりました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

今回行ってきたレストラン
Il Cortiletto

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

2重の虹をくぐって移動

2015.11.02 14:33| イタリア
旅の前半はナポリ側
アマルフィ海岸、ポンペイなどを観光

後半は反対側へ行き
マテラ、アルベロベッロなどを観光してきました。

この日は移動日
途中 雨が激しく降った後
太陽の光が差し込み 虹が出ていました。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レインボウ、虹

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

オーナーお任せメニューで美味しいランチ

2015.11.01 17:57| イタリア
「イタリアはどこで食べても美味しい!」

イタリアのバールで働いていた友達
イタリアに旅行に行った友達
同じ職場で働いているイタリア人シェフ

みんなが しかもイタリアを知っている人達が
口をそろえて教えてくれた この安心材料

イタリアはどこで食べても美味しいんだ!

でも、同じお金を払うなら自分たちが好きそうな場所で食事をしたいもの
なので レストランの下調べは結構やって旅行に行きました。

なのですが、ポンペイ遺跡を6時間ほどかけてみて回った私たちは
地図を見てどこにレストランがあるのか調べるのが面倒になり
ポンペイ遺跡の受付にいた女性に
どこかおすすめのレストラン知らない?
と聞き、行ったレストラン。

6時頃 お店に入ったので まだ夕食時にしては早く
ガラガラの店内
まぁまだ早いしね。

そう思い頼んだ タコ、アンチョビ、エビのマリネ
スタッフが運んで来てくれたプレートにはタコがなく
かわりに小魚

タコが食べたい私たちは、タコが食べたいからタコ入りの料理を
頼んだわけで、タコがなければ意味がない!

と説明すると、今日は終わったから。

え!?タコがない?
どうしてもタコが食べたいし、メニューに書いてあるし
って伝えると、確認してくる・・・と厨房に行き
戻って来た回答が、タコあるから、待ってて。

笑 タコまるけの文章になっちゃいました。

と、まぁ無事タコ付マリネ

なのですが、なんとなくタコが古いのか
ゆで加減が悪いのか 美味しいと感じず
少し疑問を持ち始めてた頃
ボンゴレが運ばれてきました。

よし、気分をいれかえ ボンゴレを楽しもう!

と、フォークでくるくるっとしている時から 何だか嫌な予感
一口食べると、ハッキリその予感は的中

茹で過ぎパスタ

イタリア=アルデンテ は当たり前と思っていたので
この茹で過ぎパスタに衝撃。
しかも塩辛い味しかしなく、全く食べれたものではなかったのであります。

とまぁ、満足出来ない夕食を食べた次の日
エラコラーノ遺跡を散策した後のランチ
やっぱり自分たちで調べたレストランに行って食べよう!

そして行ってきたのが
La Pizzaccia というレストラン

小さな店内なのですが、地元の人で賑わっていて
お持ち帰りしていく人達も沢山
旅行者っぽいのは私たちだけ
これはよい選択の気配

そしてオーナーが来て メニューを見たいと伝えると
ここのレストランはメニューがなく
その日に仕入れたもので作るから
どれぐらいお腹が減っているかで作ってあげるよ と。

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

おぉ それは頼もしい。
でもやっぱり 昨日のタコがあったので
タコあったら食べたい!と伝えると
タコあるよ~!

他はどんな食材が食べたい?
と聞かれ、2人ともエビが好き!
と伝え 運んできてくれた料理達↓

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

昨日のタコとは全く違って
本当に美味しく大満足

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

パスタも非常に美味

すでにお腹いっぱいでしたが
少しだけデザートが食べたいとお願いすると
大丈夫!小さくカットして持ってくるから

英国, イギリスからの海外旅行, イタリア, アグリツーリズモ, レストラン

と、ホットアップルケーキ
これがまだ温かく優しい味で幸せ

フレンドリーで優しいオーナーさんとの会話と
やっぱり美味しい食事は気持ちの満足度も違うのでありました。

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

10 ← 2015/11 → 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
109位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ライターの言葉踊り


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。