イギリス 生活ビュッフェ|茶娘になって茶摘体験@和束 その2

全記事一覧

茶娘になって茶摘体験@和束 その2

2013.05.03 20:06| 収穫祭 harvest
茶娘になって茶摘体験@和束 その1」はこちら>>

茶娘になって摘んできた茶葉
製茶をする前にお腹が減ったのでお昼にします。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

お茶づくしのお弁当
茶豆腐・茶ご飯・お茶の佃煮・茶そば・
茶コロッケ・鶏肉+茶葉・ワラビ
やさしい味です。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

あとは、摘み立ての茶葉を使った天ぷら
これが非常に美味
何回もおかわりしてしまうほど
茶葉の旨味とサクサク感がたまりませんでした。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

お腹もいっぱいになったところで
いよいよ本日摘み取った茶葉の手もみ製茶に入ります。
通常は蒸すそうですが、かなり時間がかかるので、
今回は体験ということで、時間がないため
釜炒り製法で製茶します。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

茶葉全体に熱がいくように混ぜます。
窯が熱く、茶葉も熱くなり素人は
素手では触れません。
なので軍手をして混ぜます。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

熱が加えられた茶葉はしっとりしています。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

強くやさしく力を入れながら丸めて押してを繰り返し
茶葉に入っている水分を取り除きます。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

丸めた茶葉をほぐし

茶摘体験,京都宇治茶,和束

再度、窯に入れ熱を加えていきます。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

さっきより茶葉のしんなり度が増しています。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

またコネコネし、茶葉の水分を押し出し、
丸まった茶葉を手でほぐしてほどき、
また窯で熱を加え乾燥させていきます。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

茶葉の色が若緑色から深緑色に変化していきます。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

芯芽についている産毛がフワフワ~と舞い上がったら出来上がりのサイン。
お茶の妖精 って言われているそうです。
(かわいい)
茶葉の茎の部分も深緑色になり
出来上がりです。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

この工程で約2時間程度かかります。
いつも飲んでいるお茶は手間隙かかってるなぁ~と
よりお茶に対してありがたみを持つようになります。

茶摘体験,京都宇治茶,和束

その3では自分達で作ったお茶を実際飲んでみます。

茶娘になって茶摘体験@和束 その3」はこちら>>
関連記事

テーマ:京都
ジャンル:地域情報

コメント

No title

山奥から でてきて 色んな事できたね (*^^)v
お茶の葉の天ぷら 美味しかったでしょう~
静岡の親類がお茶畑してて 今は行けないが 前は
 よく お茶の葉摘んで 天ぷらにしていただいたが・・
しかし 茶摘み娘 似合いすぎ・・(^_^)/

Re: No title

とんちゃんから頂いた緑茶もイギリスに持っていっております。
向こうでも茶娘になろうかしら~★
今度は紅茶バージョンで
非公開コメント

04 ← 2017/05 → 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
99位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ライターの言葉踊り


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko