イギリス 生活ビュッフェ|イギリス 初美容院

全記事一覧

イギリス 初美容院

2014.01.03 07:01|■オーガニック事情 organic
のびのびになった髪をどうにかすべく
イギリスの美容院に行って来ました。

この決断に至るまで約6ヶ月

というのも、欧州の女性の髪は柔らかくてしなやか
それに比べ日本人、特に私の髪は
硬い、多い、直毛
と何とも扱いにくい髪の毛であります。

イギリスの女性と正反対の髪質を持つ私にとって
こちらで美容院に行くのは恐怖そのものだった。

何故なら、良からぬウワサをよく耳にするからです。


イギリスで日本の人が美容院に行くと・・・

ケース1:パッツンと毛先を処理されコケシのようになる
ケース2:髪をすく このスタイルがちょっと違う
ケース3:美容師さんもどう扱えばいいのか分からない
ケース4:カラー剤など敏感肌の私には強い
ケース5:何せ英語で伝えるのが大変

全部「・・・らしい」というウワサと、
私自信もそうだろうなぁ~と思っていたこのケース

考えるだけで行く気になれませぬ。
日本に帰った時まで伸ばそうかなぁ~
ロンドンに行った時に日系の人がいる美容院行こうかなぁ~
なんて考えてたけど、
異常に伸びて、毛先が死んでいる髪型を見かねたノランちゃん

「そろそろ美容院行った方がいいんじゃない?」

・・・分かっておりまする。
最近、切実に美容院に行こうと思っている。

と希望を伝えた所
前から美容院に行きたがらない理由を知っているノランちゃんが
早速ネットで良さそうな美容院を探し始めました。

と、1軒見つけてくれた美容院
何が決めてか?というと
歩いて行ける範囲
美容師の紹介・今まで経験してきた技術
が事細かに一人ずつホームページに載っていたから
らしいです。

まだ信用していない部分は残るものの
予約して行って来ました。


担当してくれた美容師さんは
日系人の髪も扱いなれているらしく
経験も豊からしいです。

カラーはさすがに薬が強そうなので
今回はカットと仕上げのみ。

事細かに希望を聞いてくれた後
私の手が荒れているのを察知して
肌が弱いでしょ?シャンプーとか気にして使ってる?
って聞いてくれて、店内で使うシャンプーからスタイリング剤まで
パッチテスト済、
植物、ミネラルなど天然資源由来の成分を大半使っているブランド
のを使ってくれました。

一応オーガニックコスメ製造会社に勤めていた私であります。
世に溢れるオーガニック、天然由来などの
言葉トリックには慣れている方なので
そのブランドを聞いた時は、完璧!とは思わなかったけど、
一生懸命考えてくれている事への感謝の気持ちの方が
大きかったです。

それに、私の肌、髪、地肌にとって
完璧!と思うブランドなんて存在しません。
生理の周期だったり、生活スタイルだったり、いつも同じでOK
なんてことは私には経験がないからです><


と自分の肌に対するマイナス思考は止めて・・・と。


カット・ドライ・カット・その場に立ってカット
と、念入りにバランスを見ながら
私の多い髪の毛をすいてくれました。

後ろからみても、パツンと直線でないし、
動きがあるし。

大満足であります

やっぱり美容院って好きだなぁ~
気分↑↑↑
幸せであります。

これで、一つ心配事がなくなりました。
これからは、定期的に美容院に行けそうです。


ただ、やっぱり日本でもイギリスでも同じ
美容院でスタイリングしてもらうと
ホント美しくまとまってるけど、
自分でやると・・・・な~んか違うんだよね

面倒くさがりの私はブローに時間はかけないし、
スタイリング剤もつけたくないし、
ちゃちゃっと櫛でとかすだけで終了。

ずっと同じようになる訳がないのであります。
こればっかりは自分の努力次第ですね





関連記事

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

コメント

非公開コメント

04 ← 2017/05 → 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
138位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ライターの言葉踊り


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko