イギリス 生活ビュッフェ|Terrys of York の歴史

全記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Terrys of York の歴史

2014.10.21 15:30| Yorkshire
イギリス ヨークの2大チョコレート工場の一つ
Terrys of York のオーナーの家に来ています。

リビングに飾られていたのは
1932年のカカオポッド
南米ベネズエラにあるTerry家のカカオプランテーションのもの

私のやりたいことリスト
沢山ある中の一つは、カカオ農園に行き
本物のカカオポッドを見ること。
なので、年代物のすごいものを見てしまった気分です。

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

イギリスでは、10月13日~19日まで
チョコレート週間(Chocolate Week )だったので
ここGoddardsにも特別にチョコレートに関する色々ものが
展示されていました。

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

そのイベントの一つに
「テイスティング テスト」

2皿あるミントチョコレートを目を閉じて食べてみて
どちらがTerrysのチョコレートか投票するもの。

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

ノランちゃんは今ではチョコレートを食べないものの
昔は大のチョコレートファンで
一日に5本以上のチョコレートバーを食べていたほど。

なので、この皿を見るなり
「食べなくても僕には分かる!」
と自身満々。

私もトライしてみたところ、違いはしっかり分かりました。
私の投票は向かって左側がTerryチョコレート
カカオの味がしっかりしますし、ミントとのバランスも非常にいいです。
他方のは、フェイクチョコレート?というのでしょうか、
カカオの分量がとっても少なく感じました。

スタッフの方がノランちゃんと私のやりとりを見ていて
笑いながら答えを教えてくれ、2人とも正解でした。

その後、ノランちゃんは嬉しそうに
他の方がテイスティングするのを近くで見ていて
あたかもスタッフかのように、説明しています。

いつまで続くやらだったので、
そろそろ行くよ!?と言ってその場を去りました。

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

他にも当時Terrys of Yorkの豪華なBox入りチョコレートに使われていた
綺麗な箱の展示もありました。

↓ヨークシャーのカントリーサイドの景色が綺麗なBox

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

引き出しを開けば、そこにはショコラがぎっしり詰まっていた
そのことを想像すると、私には幸せBoxに見えてきます。

他にもTerrys of Yorkの代表的なチョコレートが
Terrys Orange chocolate(テリーズ オレンジチョコ)

最初はオレンジではなく、リンゴのチョコレートだったようです。

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

このリンゴチョコレートは
クリスマスにディナーの後おやつとしてリンゴを丸ごと
かじっていたのにヒントを受けたそうです。

その後、リンゴの他にレモンも試作したそうですが
チョコレートとの相性が悪く
オレンジの人気が強く、今でも愛され続けているのは
このオレンジチョコレートです。

イギリス, 英国, ヨーク, York, Goddards, the National Trust, ナショナルトラスト, 観光, Terrys, チョコレート工場

ダークチョコレートのほかに
ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートもあります。

パッケージを開けるとオレンジの香りが漂います。
そして、面白いのが
コツンと刺激をあたえると
オレンジが一房ずつ取れるようになっているのです。

日本にいた時
ノランちゃんがチョコレート好きの私へと
このTerrys Orange chocolateを持ってきてくれて
食べたのが初めて。

今、そのチョコレートの発案者の家にいて
当時の広告ポスターを眺めていると不思議な感覚になります。

今回行ってきた場所
Goddards
27 Tadcaster Road,
York,
North Yorkshire,
England
YO24 1GG
関連記事

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

コメント

はじめまして

はじめまして。
以前の旧ブログより辿りつきました。
素敵なブログですね♡

検索で「幸せの青い鳥チョコレート」でヒットしました。
記事内でYokoさんとお友達がチョコレートをゲットされたようですが、チョコレートの効果はいかがでしたか?
ブログを拝見するととてもお幸せオーラを感じられますので 笑
チョコレートの効果ではないかもしれませんが、お友達についてもその後実感されたかどうか、教えていただけますでしょうか。

婚活中の友人にプレゼントとして先日購入しました。もちろん自分の分も 笑(≧∇≦)

いきなりのコメントで失礼しました。m(_ _)m

Re: はじめまして

Kuuさん、コメントありがとうございます。
Love Cacaoから来てくれたなんて!すごい嬉しいです。

Kuuさんも「幸せの青い鳥チョコレート」購入されたんですね。
私もあのチョコレートを購入し、1年後に結婚しその後イギリスへやってきました。
一緒に買った友達は、結婚願望はないのでまだ結婚はしていませんが
それまでハードだった仕事を離れ、ゆったり自分の実力を発揮できる
仕事や個人デザインをして収入を得ています。
なので、結婚だけに留まらず、「その人が思う」幸せを運んでくれる
チョコレートだなぁと思っています。

なんだか、Kuuさんにコメントいただくまでは
思ってもみませんでしたが、日本に帰国したら
このチョコレートもう一度買ってこちらに持って来ようかな?
なんて思いつきました。
Kuuさん、婚活中のお友達にも必ず幸せ訪れると思います!!
楽しみですね!

またまた是非遊びに来て下さいね★
非公開コメント

10 ← 2017/11 → 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
140位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。