イギリス 生活ビュッフェ|本格イタリア派 自宅で簡単カルボナーラ

全記事一覧

本格イタリア派 自宅で簡単カルボナーラ

2015.03.04 04:39| 料理 food・cook
イタリア系のレストランに行くと
ボロネーゼ
ヴォンゴレ
カルボナーラ
この3つでいつも迷うタイプであります。

ボロネーゼはレストランのも美味しいのですが
ノランちゃんが作るボロネーゼソースは
お世辞抜きで一番美味しいと思っております。

日本にいた時は、潮干狩りに行って大量にアサリを手に入れたら
必ず酒蒸し、ヴォンゴレ、味噌汁、他いろいろ
と楽しみます。

カルボナーラは自分で作った事もあるのですが
イマイチ美味しくないというか、本格的な味が出ないし
面倒くさいというイメージがあるのでレトルトで済ませるか
レストランに行った時にはここぞ!とばかりカルボナーラを
注文いたします。

が、そんな私に
友達から本格イタリアのカルボナーラの作り方を教わりました。

これが結構簡単で美味しく本格派の味が出来たので
しばらくはまっておりました。

イギリス, 英国, York, ヨーク, 海外生活, カルボナーラ, レシピ

パスタにはリガトーニが一般のようで
友達が作ってくれた時もリガトーニを使用。

なのですが、私スパゲッティーが好きなので
ここは譲らずスバゲッティーに。

作り方はいたって簡単!
まずはパスタをアルデンテに茹でる
茹でている間にパンチェッタをフライパンで炒めます。
その他、下ごしらえとして
チーズ(今回はチーズ屋さんのジェイムズに聞きパルメザンに決定)を細かく削っておきます。
卵(一人1個程度)をといておく

茹で上がったパスタのお湯を切り茹でていた鍋に戻す
そこへ、パンチェッタ(炒めて出てきた油も)、チーズ、卵を入れ
かき混ぜていると、卵に火がとおり、チーズがとろけ出し
ソース状になってきたらお皿にもり
ブラックペッパーをお好みでふりかけ完成!

ソースがだまになる?とか失敗はないと思います。
ぜひ本格派カルボナーラをご自宅で楽しんでみて下さい。


ところで、図書館で働いていると色々な本が返却されて来ます。
返却本をチェックしていたらイタリア観光本があったので
イタリア旅行を夢見て借りる事にしました。

仕事が終わりイタリア旅行本を手に持ち帰宅。

帰宅途中にたまたま出会った友達、近所の方
みんな私に同じ事を聞きます。

「イタリア旅行に行くの?!」

回答はいつも同じ。

「Hint for my husband 

この回答が結構うけがよいようで
笑ってくれたり、幸運を祈る!と言われたり、同感されたり。

英語で笑いをとったり、質問にユーモラスを含んで応えるのは
まだまだ修行の道のりが長いのですが
ちょっとした笑いをもらうと、嬉しくなるまだまだ海外生活新人の私であります。
関連記事

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

コメント

非公開コメント

06 ← 2017/07 → 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
74位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ライターの言葉踊り


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko