イギリス 生活ビュッフェ|妖精がいるブルーベルの森(5月)

全記事一覧

妖精がいるブルーベルの森(5月)

2016.06.03 10:36| ドライハーブ、フラワー
毎度の事ながら更新を怠り
5月に行ってきたブルーベルを6月にはいって 紹介いたします。

ブルーベルは5月初旬~中旬にかけて綺麗に咲きますので
気になる方は来年のこのあたりに計画するのがおススメ。

前回は湖水地方のブルーベルを見に行ってきましたが
今年は Hardcastle Crags という場所に行ってきました。

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

ヨークからは車で1時間半程度。
なのですが、我が車のナビは少しゆるく
(たぶん私たちのルート選択ミスですがナビのせいにしています)
大きい道路を通らず、田舎道の車一台通るのも精一杯の小道を選び
途中急な坂を上って行ったり、
地域のマラソン大会に遭遇、走者が通り過ぎるまで待っていたり
乗馬に道を譲ったりと
1時間半のところを2時間半以上かけて やっとたどり着きました。
ここに来るだけで、ノランちゃんかなりお疲れであります。

そんな私たちの前に見えてきたブルーベルの森
疲れも吹き飛びます。
(写真があまりよくなく、感動が伝わらないかも・・・)

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

このブルーベルの森を1時間ぐらい散策することが出来ます。

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

見渡す限りのブルーベル

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

途中川沿いを歩くことが出来ました。

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

Gibson Millを折り返し地点にしてルートにしたので
ここで一休憩

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

ワイルドガーリックも自生していて
風に乗って ふんわりガーリックの香りが漂っています。

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

ブルーベルの森でフィトンチッドをいっぱい浴びて
かなりリフレッシュ出来ました。

イギリス, 英国, York, ヨーク, 花, ブルーベル, 森林浴

帰りは1時間ちょっとで帰宅。
行きのあのサバイバルは何だったんだろう・・・
今思えば楽しいドライブでした。


 今回行ってきた場所
Hardcastle Crags&Gibson Mill
Hollin Hall,
Hebden Bridge,
Yorkshire
HX7 7AP
関連記事

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

コメント

非公開コメント

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
92位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko