イギリス 生活ビュッフェ|英国ティーカップの歴史

全記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国ティーカップの歴史

2012.10.14 18:00|■書籍
最近、読んでいる本
英国ティーカップの歴史

英国ティーカップの歴史

紅茶の発祥~イギリスの歴史
ティーカップの変化など
興味深い内容、資料が盛りだくさん。

ちょっとした知識でも、知った上でお茶を飲んだり
カップを眺めたら、よりお茶を楽しく飲む事が出来そう。

ティーカップ

以前、
このティーカップに一目惚れして
ノランに、誕生日はこのカップが欲しい!
って冗談で軽く言った。

そしたら、このティーカップを探して、取り寄せて
スコットランドでの結婚パーティーで
プレゼントしてくれた。

しかも、私が好きな「トリオ」スタイルのを選んでくれたのです。

ティーカップ

↓下記、英国ティーカップの歴史より↓
「トリオ」とは、
食器の専門用語で「ティーカップ&ソーサー&ケーキ皿」の 
3点セットをさしています。

ヴィクトリア朝初期までは、
英国ではトリオというと
「ティーカップ&コーヒーカップ&ソーサー」の
3点をさす言葉でした。
紅茶とコーヒーを同時に飲むことはないので、
ソーサーは1枚で十分・・・という、合理的な英国人の
考えがよく表れているセットです。

アフタヌーンティーがさかんになるなかで、
茶菓子のボリュームが増え、取り皿となるケーキ皿の需要が
増したことなどから、トリオは形を変えていく事となったのです。


トリオはソーサーとケーキ皿を重ねて飾っておくと
見た目が華やかで好き 
アンティークマーケットや蚤の市でも
トリオで売られているものは、ついつい手にとってしまいます  

これから少しずつコレクションを増やしていけたらなぁ~
と夢膨らんでいます。


関連記事

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル:グルメ

コメント

非公開コメント

05 ← 2017/06 → 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
イングランド北部の古都ヨーク在住

英国歴史舞台の中心地の一つでもあったヨークには北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院ヨークミニスターを中心に町全体がタイムスリップしたかのような古い時代の面影がそのまま残っています。
街の周囲は城壁で囲まれ、大きくはなくとも見所がたくさん!イギリス屈指の観光都市です。


スコットランド人のNolanと国際結婚した日本人のYoko。
「スケートボード」好きと「チョコ」好き2人の何気ないけど、何でも楽しく、前向きに、自分らしく過ごしているドタドタの生活日記。


日本では…
英会話学校、OLなど点々とした後
webデザイナー、広告制作、会社発行情報誌の編集長としてオーガニックコスメを製造している会社に勤める。
他に大好きな写真を学ぶため仕事をしながら学校に通い、チョコレートをテーマにした写真展覧会を開催。現在はもっぱらチョコを食べることに集中…

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別の記事

イギリスは今、何時?



アクセスランキング

[ランキング]
ヨーロッパ
117位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加中
↓ぽちっしてね↓

いつもありがとう!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも


ライターの言葉踊り


ここいろな日々


Scotlan' Auld Reekie --Edinburgh wee happie life--

情報サイト

イギリスのショコラショップ情報

Author: Yoko
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。